ユーモア作家とは、嫌な気分になることを楽しめる人のことをいうのだ。(A humorist is a person who feels bad, but who feels good about it.)

アメリカのHumorist(すごい職業名ですよね)、Don Heroldの言葉です。

どうせ泣いても笑っても悲惨な状況なら、笑っちゃえ。
わかっていても、とても難しいことです。

物事には多面性があります。有名な「Half full, half empty」の話も、この分野の話です。
コップに水が入っています。あなたは水が「半分しかない」と思いますか?それとも「まだ半分もある」と思いますか?


状況は変わりません。ただそれに対応する自分の心の持ちようが変わってきます。
どうしてでしょう。
・・・それもそのはず、私たちの脳がイタズラをするからなのです。

私たちの脳は、私たちの感情と大変密接に関わりながら、まるで意志を持ったもののように振る舞うことがあります。
私たちがハッピーだと、脳もハッピー・ケミカルを出します。
私たちがどっよ〜んとしていると、脳からどっよ〜ん波が押し寄せてきます。

こう書いてみると、なんと単純な循環ではありませんか。

アゲアゲ循環で登りつめるか、悪循環でドツボにはまるか、ここで別れるんですね。
何かを見て、経験して感じたことがネガティブなものだったとき、
深呼吸して、「ホント?」と問うてみましょう。

本当に、回復不可能なネガティブなものだったら仕方ありません。
でももしかしたらかなりの場合、ポジティブとは行かないまでも、ネガティブの環から抜け出せることがありませんか?
今度試してみてください。だまされたと思って。

・・・そう、うまくいかなかったら、「だまされたっ」と苦笑いしてみましょう。

最後にここをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

ユーモア作家とは、嫌な気分になることを楽しめる人のことをいうのだ。(A humorist is a person who feels bad, but who feels good about it.)」への2件のフィードバック

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中