決して、決して後悔に時間を費やしてはいけない。時間のムダだ(Never, never waste a minute on regret. It’s a waste of time.)

Harry Truman の言葉です。

でも、でも。人間だもの、後悔するさ。

人生に「たら・れば」はつきものです。
あのとき、こうして「たら」。あれをして「れば」なぁ。

英語にも、あります。What-if、というんです。What-ifsなんて、複数形にもなれます(笑)。
みんな考えることは一緒ですね。そして違う選択をした、違う宇宙の自分に想いを馳せるわけです。

でも選択する、ということは捨てる、ということ。
あれもこれも、とはなかなか問屋が卸しません。

Choice Therapy、というカウンセリングの方法があります。

人間には5つの基本的な満たされるべき要求があって、それが満たされないとき、
その結果として自分の周りの人間とのRelationship に不満が起こる、というのです。

5つの要求とは、
Survival、Love / Belonging、Freedom/Independence, Achievement、Fun
です。

そして人はその「満たされない感」を、落ち込んだり、怒ったりすることを選択して表現している、というのです。
こっちはこんなに辛いのに「それはあなたが選択して苦しんでるんだよ~ん」とは
なんと厳しいお言葉でしょう。

・・・・もちろん、Choice Therapyはそんなひどいカウンセリング方法ではありません(笑)。

Choice Therapyでは、元来人間は、選択すべき、そしてその選択の結果に責任を持つべきだ、と考えます。
私のPhilosophical OrientationであるExistentialism と似ています。

また、人にはQuality Worldという、シャングリラ、はたまた桃源郷ともいうべき超理想郷がある、とも考えます。
それはまだぼんやりしているかもしれませんが、ある、というのです。

そしてその重要な構成要素は、自分を取り巻く人たちです。
社会的存在である以上、避けられない。
だから人とのRelationship (ロマンティックなものだけではありません)がうまくいかないとそこに不満が生まれる、と。

カウンセラーはまず、その理想郷をはっきり見るお手伝いをします。一緒に理想郷に行こうとします。
ここがカウンセラーの腕の見せ所だそうです。

もちろん、理想郷は刻々と変わる場合もあります。でもその形が少しでも明らかにみえてくれば、
人はそれに近づこうということを基準にtotal behavior(acting, feeling, thinking, and physiology)を選択できる、というのです。
そうすれば、迷いはない、あるいは限りなく少なくなるはずです。判断基準がちゃんとあるからですね。

だからChoice Therapyでは、泣き言の時間を可能な限り削ります(笑)。

すごい考え方ですね。もちろん、この考え方には批判もあります(批判のないTheoryやTherapy方法はありません 笑)。
でも、ひとつの考え方ですね。

・・・・でもやっぱり「たら」「れば」ですかね。人間だもの。

最後にここをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

決して、決して後悔に時間を費やしてはいけない。時間のムダだ(Never, never waste a minute on regret. It’s a waste of time.)」への2件のフィードバック

  1. 「5つの要求」を見て、コレってほとんどの人が1つか2つくらいしか充たされてないんじゃないの?って思ったけど、それも本人が決めることなのでしょうか。
    「充たされている感」があれば、それでいい、のですよね?

    • はい!自分が感じたことでいいと思います。人が決めることではないと思います。「~され感」って、受動的に見えて実は主体的で、とってもステキな感覚だと思います。

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中