不朽のものは、死でさえも殺せない。(Death cannot kill what never dies.)

William Pennの言葉です。

2011年10月5日、Steve Jobsが56歳という若さで亡くなりました。
彼の偉業を讃え、早すぎる死を惜しみ、世界中に衝撃が走っています。
彼は亡くなっても、彼の人生は、世界を変えたと言われるそのアイデアは、
永遠に生き続けるのでしょう。

Immortality。不死。
昔から人々の興味をかき立ててやまないテーマでした。

この世に生を受けた途端に始まる、死への旅路。
「門松は冥土の旅の一里塚」とはよく言ったものです。

ブロードウェイの名作ミュージカル「Rent」の中の一曲に、「Seasons of Love」という歌があります。
その歌の中でジョナサン・ラーソンは1年を525,600 minutesと表しています。

そう。それが1年。その525,600分を、あなたはどう生きますか?

何かを成し遂げなくては、と焦るかもしれません。
自分の人生を振り返り、何もエキサイティングなことはなかったなぁ、と思うかもしれません。
・・・そんなことは、絶対にありません。

大切なことは、自分の人生を生きること。
今日は、これだけです。偉大なアイコンの死を悼みながら、自分の生を慈しみましょう。

最後にここをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

不朽のものは、死でさえも殺せない。(Death cannot kill what never dies.)」への1件のフィードバック

  1. アイコンの死に想いを馳せながら拝読しつつ、最後はRENT のSeaaons of Love一色になった私。アレもコレもある意味、マイルストーンだった気がする。
    自分の人生を生きよう!

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中