私を魅きつけるものは才能や魅力ではない。熱情を持ってそこに「在ること」だ。(It is not a talent or charm that attracts me; it is the very being with passion.)

・・・お恥ずかしい限りでございます。
私が思っていることです。
きっとどなたか賢人が先に仰っていると思うのですが、
ぴたりとした名言を見つけられなかったので、そのまま書いてしまいます。

人の才能や人柄や・・・いえ、そんな次元の話ではなく、
「その人が在る」ということ自体に「ホレて」しまったとき、
息ができなくなるくらいの一撃を脳天に喰らうことがあります。
それは幼い頃のほのかな恋心とは違い
理不尽に私たちの感性をひっつかみ、ねじり、震えさせます.

世の中には「Motivational speaking」のようなものがあります。
その効用にはものすごいものがあって、
だからこそそれがたくさんの人を力づけているのだと思います。
Tony RobbinsもOprahも、たくさんの人を勇気づけてきました。

それでも私は何となく馴染めないところがありました。
人が何かを言って、それがある人にとって動機付けになる、というのは、
何となく「結果論」であるべきだと思っているからかもしれません。

「動かしてやろう」として動くものではない。
人間ってそういうものでもあると思うのです。

 

 
動物に向き合うとき、
動物を怖がっていると動物もあなたを怖がり、
時にはそのために攻撃する場合もある、とよく言われます。
They can smell your fear.
そういう言い方が英語でもあります。

人間関係でも同じようなことがあります。
あるプロジェクトで、何故かなかなか部下を動かせない。
・・・考えてみれば私もやりたくなかった。
パーティでなかなか人が寄ってこない。
・・・考えてみれば寄って来てほしくなかった。

いろいろありますね。
よく「○○オーラが出てた」といいますが、そういうことなんでしょうね。

反対に「扇動」の天才たちがいます。
「愚かなる大衆」である私たちはその人たちの術中にはまって
いとも簡単に流されることがあります。

でもこういった「扇動」からは目が覚めてしまうことがあります。
目の前でその虚構が崩れたとき、
はっと我に返り離反する人たちがいます。

熱情に裏打ちされた「存在」には、
そんな恣意的なものはありません。
人を感動させようとか、人から褒められようとか
そういった意志はそこにはありません。
ただ、好き。
ただ、楽しい。
もう、どうにも止まらない。

その精神の躍動は、とても伝染しやすいものです。
その衝撃たるや、凄まじいものがあります。
その躍動に打たれたこちらの心も、大きく踊ります。
その波に乗ると、参加したくなります。手を貸したくなります。
・・・結果として、動かそうとしていないのに、人を動かしてしまうんですね。

しかしだからと言って、その躍動の波には
誰でも乗れるというものでもありません。
受け取る側にも、延びたアンテナと開いた心が必要です。

世の中では、いろんなところで、大小の躍動の波が起こっています。
その波を探知し、乗れるように、
いつでもこちらもスタンバイしていたいものだ、と思うのです。

最後にこちらをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中