目を閉じて、見ろ。(Shut your eyes and see.)

James Joyceの言葉です。

有名な実験があります*。
被験者に目の前に両手を出してもらい、順番に刺激を与えます。
被験者には先に触られたと思う方の手を動かしてもらいます。
それだけの実験です。
被験者がそのまま両手を前に出した場合、
刺激時間が長くなればなるほど正確に回答するようです。
じゃあ、手を交差させたらどうか。
・・・刺激時間が短い場合、正解の割合が下がるそうです。

ところが。

机の下に両手を隠して同じ実験を行うと、
正解率が上昇するそうです。
面白いですね。

昔オードリーヘップバーンの「暗くなるまで待って」という映画がありましたね。

*北澤茂「脳のなかの時間」(「解き明かされる脳の不思議ー脳科学の未来」立花隆 クバプロ 2009)

背中に何か付いているのを取ろうとして鏡に映してみると、
右に行きたいのに左に行ったり、うまく距離がつかめなかったり、
そんなことがあります。
そういうときにはふと目を鏡から外して感覚で動かすと
取れたりします。
また、暗闇でモノを探しているとき、
目をつぶった方が壁にぶつからず見つけることができたりします。
・・・皆さんはそういうご経験、ありませんか?

先にご紹介した実験ですが、先天的に目の見えない方で実験を行うと、
混乱せずちゃんと正解を出せるそうです。

見える」って、何なのでしょう。

目から入ってくる信号は脳でいろいろとプロセスされて、
私たちは空間や時間を計ります。
でもそれはなかなか単純はプロセスではないようで、
その過程で、視覚的な刺激は強い影響を与えるそうです。

それでも暗闇では、目はあまり役に立ちません。
そんなときは、視覚以外の感覚や記憶を駆使するわけですが、
それだけでなく「視覚がジャマになることもある」というのも面白いものですね。

でも、あるんですね、そこにちゃんと。
探しているものも、手にしたいものも。

見えなくても、心配しない。
焦るな、とはいいません。焦る。きちんと焦る
だから一番いい方法を見つける。
そうしたら、きっとつかめます。

最後にこちらをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中