いろいろボクは幸せの前借りをしすぎたみたい。そろそろ前借り分を返す時なのかもしれない。

舞台「女教師は二度抱かれた」から、天久六郎の言葉です。

よく、「人が一生に得られる幸せの量は決まってる
という人がいます。
そうだといいな、と思います。
だから若いときに苦労すると、後で幸せになれる。

でも自分が辛いとき、
自分がそれほど認めていない人間が幸せに見えるとき
人はまたその不公平を嘆き、怨みます。
なんであんなヤツがたくさん幸せ享受してるんだ。
私は個人的には「幸せの量は決まっている」とは思わないのですが
でも、その考え方によって
助けられるときは確かにあるなあ、とは思っています。

「幸せ」は、やっぱり自分が「幸せ」と認定するものだと思います。
つまり「幸せでしょ」と人に言われても、
自分がそう思っていなければ
そこには「幸せ」はないのではないか、と思うのです。

「そんなの当たり前じゃん」、と思われましたか?

ところがその「当たり前」が、
見えなくなってしまうことが 私たちには多々あります。
自分の「幸せ」は、人にも「幸せ」と見えた方が ラクなことがあります。
また人の「幸せ」は、自分にも「幸せ」なのだと
思ってしまうこともあります。

だから人は「もっともっと」と、常に何かを追い求めます。
でも手に入らないことが多いので、不満になるのですね。
自分で自分の状況を「幸せ」と認定するのも、
大切なチカラだと思います。

そして願わくば、それを理解してサポートしてくれる
家族やお友達がいると、 なおチカラ強いものです。

そしてそういう助けを借りながら、
ブレずに自分の「幸せ」を噛み締める
きっと今まで見過ごしていた「幸せ」に気づける気がするのです。
あなたにとって「幸せ」ってなんですか?

最後にこちらをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中