福を取り尽くしてしまわぬが惜福であり、また使い尽くしてしまわぬが惜福である。

幸田露伴の「努力論」から、有名な「幸福三説」の中の「惜福」です。

「幸福三説」とは「惜福」「分福」「植福」の3つです。
「分福」「植福」は読んで字のごとく、です。
福はみんなに分けるものである、自分だけ幸せになるのではなく、
周りを幸せにして初めて自分も幸せになれる(「分福」)という考え、
また「植福」は、将来の幸せの種を植え、植物を慈しむように
その幸せを育てる=正しい努力をする、ということだそうです。
過去は変えられないけれど、未来には自分で挑戦できるんですね。

惜福」とは、「福」を惜しがることではなく、
「惜しむように」「もったいないように」「福」を享受することだそうです。

日本の帰った際に買ってきた、大好きなしそちりめんを
少しずつ、少しずつ食べた自分を思い出しました・・・
・・・ちょっと次元が低かったですね。

この三つは、お互いに絡みながら、
「幸福」というものに対して私たちが考えるべき視点を与えてくれます。

 
「惜福」の文字を見て、何となく考えたことがあります。

何か自分に悦ばしいことがあった場合、
一つそこに「翳り」のようなモノがあると、残念に思う反面、
何となく「バランス」が取れたような気持ちになることがあります。
そういうご経験はないでしょうか?

よく「幸せすぎて、コワい」ということを言いますが
それは「こんなに幸せばっかり来ていると、今にどんでん返しがくるのではないか」
といったような気持ちだと思います。

以前も申しましたが、私は人間一人が受け取れる幸せの量は決まっている、
とは思っていません。できれば、幸せはみんなにたくさんくればいい。
でも自分とその周りの人の輪の中で、全体のバランスのようなものは
なんかあるような・・・と感じています。

つまり、「一人勝ち」はつまらない
それでは、私は本当に幸せとは思えないんだと思います。
一人勝てば、誰かが「負け」ます。
自分「だけ」が勝ったとすれば、それは、何かがおかしい。

また、自分一人が「幸せ」過ぎると、妬む人が必ず出てきます。
これは人間として当たり前の真実。
私も妬みの炎で燃え上がるときがあります。
そしてその妬みは、静かな心の湖に不穏な水紋を作ります。

少し「翳り」があれば、妬む側の溜飲も下がるということもあるかもしれません。
おかげで邪魔が入らずに「幸せ」を享受できる。
また、自分自身も舞い上がることなく「幸せ」の部分を感謝できるかもしれない。
欲張らないで、「幸せ」になる。
そういうことが「惜福」なのではないか、と思います。

最後にこちらをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中