本当に良い刀は鞘に入っているものですよ(Good swords are kept in their sheaths.)

ご存知「椿三十郎」から、
入江たか子扮する城代家老の奥方の言葉です。

思えば三十郎(三船敏郎)は鞘を持たない刀、
antagonistの室戸(仲代達矢)は鞘に納まりきらない刀。
どちらもよく切れる。
そんな共通点からか、
三十郎に騙されて味方同士として語らう二人のシーンには
何とも言えない相互理解とつながりが感じられます。

・・・・などという三十郎の感想はどうでもよいのですが(笑)・・・

「鞘」が窮屈だと考える人もいるでしょう。
「見た目なんてどうでもいいやい」と思う方もいるでしょう。

でも「鞘」には装飾の有る無しに関わらず、
刀を守り、刀に気品を与えるチカラがあります。
特に刀を長期間に亘ってしまい込むときには、白鞘が使われます。
よく、任侠映画に出てくる、あの、飾りのないヤツです(笑)。
長く保管する際には刀が錆びぬよう油を塗っておくので、
普通の華美な鞘ですと、漆が剥がれ、鞘も刀も両方ダメになってしまうからだそうです。
白鞘なら、余分な油を吸いながら、優しく刀を守ってくれます。

鞘に入っていない刀は、危険です。
美しいし、力強いし、時には妖しくさえありますが、
何よりも、危険です。
相手も、自分も、怪我をする。

自分が収まるべきところ、自分が出るべきとき、
そういったものをしっかり知っているのが、
きっとこの奥方が言うように「良い刀」なのではないか、と思うのです。

ギラギラしていることは、もちろん、悪いことではありません。
でもどうせギラギラするなら、一番効果的な時にギラギラしないといけません。
ギラギラする甲斐がないなら、ギラギラしても仕方ない。
自分の汗で、錆びてしまいます。

いざというときに、鞘から飛び出し、本領を発揮する。

自分を最大限に活かしてくれる「鞘」を見つけるのも、
とても大事な過程なんだろうな、と思います。

最後にこちらをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中