世間を欺くには、世間と同じ顔をなさらなくては。(To beguile the time, look like the time.)

ご存じマクベスから、マクベス夫人の言葉です。
お〜、コワいコワい(笑)。

星新一さんだったか・・・どなたかの短編小説で、
幼い頃にぞわ〜〜〜っとしながら何度も読んだものがありました。
ごめんなさい、題名も忘れてしまいました・・・・
でもそのぞわ〜〜〜だけ、今も鮮明に覚えているのです。

ある町で、主人公は銀行だかどこだかにいます。
この町は不思議な町で、みんなが「田中さん」という名前なのです。
銀行で次々に呼ばれる名前・・・
「次にお待ちの田中さん」
「田中さん、どうぞ」
主人公は「???」となります。
そしてその次に主人公が呼ばれます。

「中村さん」

・・・途端にざっ、と銀行中の人が「中村さん」の方を見るのです。
(「中村さん」だったかは不明なのですが、「田中さん」ではありませんでした)。
その光景を瞬時に頭の中で見てしまって、震え上がりました。

非難するでも、攻撃するでもないのです。
ただ、見る。

・・・コワいです・・・

 

 

何か野心を秘めた人は、それを表には出しません。
ポーカーフェース、というものでしょうか。
素知らぬ顔をして計画を進め、そのときがくれば迷いなく実行。
その後は涼しい顔をしてその成功の美酒に浸ります。
でも普段はみんなと同じ顔をしているから、
だから余計にコワいものです。

「欺く」というほどの積極的なものでないにしろ、
みんなと同じ顔をして潜んでいる人はたくさんいます。
そして私たちはみな、そういう消極的な理由で「潜伏する時間」
必ずと言っていいほど持っています。

目立ちたくないとき、私たちはみんなと同じ顔をします。
みんなと違う顔をするのは、とてもとても勇気がいるからです。

違う顔はめざとく見つけられます。

「あ、お前違うなっ」

この言葉には賞賛軽蔑、そして受容排除といった目盛りを持つ秤の
どこかに位置する気持ちがあります。

中学校や高校などで、特に女子だった方は思い出してください。
仲間に入るために何となく合わせてしまった自分。
孤高の「変な子」を排除したり、あるいはちょっと羨ましく思ったりした自分。
そんな複雑な思いはありませんでしたか?

でも実のところ、私たちはみな違う顔をしています。
同じ顔をしているように見せかけて、それはただの「お面」です。
その「お面」はつけなくてはいけないものでもないし
外さなくてはいけないお面でもない、と思います。

ただ、ずっと着けていると、映画「マスク」のように
顔にビッタリ張り付いてしまうかもしれません。
取れなくなってしまうかもしれません。
そうしたら、その「お面」があなたを乗っ取ってしまうかもしれません。

「それでいい」、ならいいのです。

でももし「お面」を窮屈だな、と持っているなら、
時々取って顔の筋肉をほぐしましょう。

最後にこちらをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中