友達がいれば幸せは倍増し悲しみは軽くなる。(When shared with friends, happiness would multiply and sorrow would lighten)

昔観たThe X-FIlesに、こんなエピソードがありました。
その怪物は、不治の病で苦しむ人を生きたまま食べます。
でもその後でその人を吐き出し、その人は生き返るのですが
その病気だけは、その怪物が引き取ってくれるのです。

でもその怪物にも限界はあって
いずれ弱って死んでしまうんだそうです。

切ないお話でした。

 

 

人の、特に友人の悲しみは、何とかしてあげたい。
でも何ともなりません。
悲しみの絶対量は減りません。

できるのは、ただ、その重たい荷物の角っこを
ちょこっとつまんでお手伝いするだけ。
悲しみが降り積もり朽ちていき、
やがて静かに心にしみ込んで行く時間を
一緒に過ごすだけ。

幸せと違って悲しみは
例え自分が背負うことができたとしても
同じ重さで今度は自分にのしかかるだけです。
それでは何にもなりません。

ただ横に居て一歩下がって一緒に歩いて行く。
その代わり、
幸せなときはとんでもなくはち切れてやろうと思います。

生きていれば避けられない辛いこと。
決して消えない涙のあと。

少しでも早く静かで美しい思い出が
覆い隠してくれますように。

 

最後にこちらをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中