功を成すのに焦ってはいけない。しっかり努力して、あとは「うまくいったら儲けモノ」くらいでちょうどいい。

恥ずかしながら、私の母の言葉です。

勝海舟でしたか、「大事をなすには寿命が長くなくてはいけない」
という言葉がありますが、それに何となく通じるものがあります。

私の母も私と同じintrinsic motivation で動くタイプです。

 

 

「功を成す」という大したことでなくても
私たちは結果を焦ることがよくあります。

まあ、「焦る」というときは
きっとそこそこうまくいっているときかな、という
非科学的な経験則が私にはあるのですが(笑)
それでもやはり、ああ、早くあれをしたい、これを終わらせたい
と欲求は底なしです。

世の中にはやはり
結果が出なくては意味がないものと
結果が出なくてもいいものと

結果が出ないと意味がないと思えるものと
結果が出なくてもいいと思えるものと
あると思います。

人によっていろいろと意見が違いますから
自分の考えもブレること必至です。

でもそんなときにふとこんな言葉を聞くと
自分が見失っていた足元を再び見つめるいい機会になります。

自分がなぜ今こうしているのか、
ということに本当に価値を与えられるのは
最後は自分しかいません。

どういった形が正解、ということはありません。
他人の成功を参考に学びながら
自分の道をただぼちぼち行く。

私にはそういう成功でいいのかもしれないと
母の言葉を聞いて思った次第です。

皆さんの「成功」は、いかがでしょうか。

最後にこちらをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中