一つのことをずっとやっているとね、誰かが褒めてくださるの。

うろ覚えなのですが、内海好江師匠の言葉です。
紫綬褒章だったでしょうか、受賞されたときのインタビューでの言葉です。

5月5日に国民栄誉賞を受賞された長島茂雄さんと松井秀喜さん。
授賞式でのお二人の姿や、これまでのビデオを見ていたら、
好江師匠のこの言葉が蘇ってきました。

 

 
誰かに褒められようとか認められようとか
そういったことではなくて、
人が何かに自分を賭けたとき、
その姿は人の心を動かすのだなぁ、と
改めて胸を熱くしながらお二人の言葉を聞きました。

彼らだって、誰だって、もちろん、人間です。
成績や名声や待遇や
そういったこともその人たちの頭を過ることもあるでしょう。

でもそうではなくて、
やはり最後は自分と自分の熱意との戦いに身を投じる。
そこには理屈を超えた、一番魅力的な姿が現れるのでしょう。

彼らのような偉業でなくても
私たちも日々の小さな生活の中で
何のために頑張っているかなどどうでもよくなる瞬間があります。
自分でもびっくりするほどの心地よい興奮に気づきます。
その時を後で振り返ると、また違った幸せな興奮です。

でもその途中には雑音もたくさんあります。
余計なことを言う人たちがいます。
自分の中でくじける気持ちもサボる気持ちも出てきます。
大抵、くじけてしまったりします。
あ〜あ。ため息。

一つのことをずっとやる」だけで
こんなに大変なことなんですね。
だからやった人はすごいんですね。

でも、私たちにだってやれる時もあるんですね、最後まで。
やれる時は、きっと本当に自分のその時間を賭けているんでしょう。

そんな瞬間を経験していきたい。
私はおサボり人間ですから、すべてにそうはできない。
でも、これ、というものは、もう一歩突き詰めてみたい。
今日はそんなことを考えました。

最後にこちらをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中