悪魔の成功のヒミツは、人々に「悪魔は存在しない」と思わせたことだ(The greatest trick the devil ever pulled was convincing the world he did not exist)

名作「The Usual Suspect」、Verbalの最後のセリフです。
「And like that… he is gone. 」

・・・この映画、何十回と観ましたが
また死ぬまでに何十回も観ると思います。

 

 
悪魔さんが本当にいるのかどうか分かりませんが、
だからこそ私たちは、自分たちの中の
暗い陰の部分を「悪魔」と呼ぶことがあります。

「悪魔」は、いると思います。
私たちは人間のどろどろしたところや
いや〜なところを、多少なりとも持っているのではないでしょうか。
私は結構いやな「悪魔」をたくさん持っているタイプです。
人を羨んだり。妬んだり。
人をバカにしたり。踏みつけにしたり。
人を責めたり。怨んだり。
サボったり。ウソをついたり。

でも聖人と言われる人たちだってきっと
「悪魔」の部分がないわけではなくて、
自分の「悪魔」をしっかりと認識し、
向き合った人ではないかと思うのです。
だからすごいのではないかと思うのです。

時に自分の「悪魔」を認めたり吐き出したりしないと
その「悪魔」は私たちの中でどんどん大きくなり
「毒々モンスター」のように育ってしまうことになります。

自分の陰の部分をしっかり認める。
そして立ち向かう。

「こんなはずではない」
「こんなことを思ってはいけない」と思うことも
大切ですし崇高な態度ですが
時にきちんと負けを認めて対策を練る。

そんなこともこの「悪魔」については必要だと思います。

みなさんの「悪魔」はどんな「悪魔」ですか?

最後にこちらをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ