「どうせ」というのは、棄権するための卑怯な常套文句。

「自分のチカラ」
2歳のBirthday Weekに
これからは少し「自分のコトバ」も書いてゆこうかと思っています。
ますます訳の分からないヒトリゴトなりそうですが、
どうかお付き合いくださいませ。

 
経験を積めば積むほど先が見える。
いえ、正しくは
「先が見える」と思えてくる。

それが正しいときもあるのでしょう。
だからこそ「ほらね」。

「どうせ」と「ほらね」に
一見守られているような私たちの自尊心は
得てして成長するチャンスを失うことがあります。

「どうせ」というコトバは
すべての可能性を否定して捨て去ってしまうコトバです。
始める前からの、試合放棄。

「どうせ」と言わない月間、好評実施中。
忙しい今だからこそ、
そんな時間を持ってみたいと思います。

最後にこちらをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中