もしも限界があるとするならば、それはあきらめた瞬間でしょう。

ご存知「相棒」杉下右京の言葉です。

以前、「選択をする」ということで、選択していない選択肢を含め
他の選択肢をすべて活かせる、というお話をしました。

何だかややこしくて自己矛盾しているような話ですが(笑)。

あきらめたから、限界がくる。
あきらめなければ、限界はこない。

 
「あきらめ」という言葉が的確でないにしても
「続けること」や「やめる」ことを決めるのは
最終的には自分かもしれません。

自分の力や判断ではどうしようもない要素も
あるかもしれません。
それでも限られた環境の中で
それでも続けることができるのであれば
やはり最後は自分で決めるのでしょう。

それが分かっていても
どうしても立ち上がれない時があります。
それでも「終わり」にせず「お休み」ならば
焦らずにまた再開すればいいことです。

誰が何と言おうと「まだ頑張ってます」
「限界」ではなく「終わり」を自分で決める。
自分で決めて自分でやっていきたいものです。

最後にこちらをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中