槇原敬之さんと 世阿弥。

「僕の背中は自分が 思うより正直かい」
ご存知槇原敬之さんの「どんなときも」ですね。

いろいろな方とお話していると
やはり「他人の目」というものから本当に逃れるのは
難しいな、と感じます。
また完全に逃れるべきものかどうかも、分からなくなります。

ロビンソン・クルーソーでもない限り、
いえ、彼ですらフライデーがおりましたし、
人間は完全に一人で生きる状態にいることは難しいようです。

 

 

「他人の目」は自分の行動に対して新しい視点を与えてくれたり
牽制したりしてくれますから
決して悪いことだけではありません。
「他人の目」を完全になくしてしまうと
いわゆる「KY」になったり「不遜」な態度になります。
だから「離見の見」なのですね。

でも逆に「他人の目」が「自分の目」に取って代わると
ちょっと面倒です。
取って代わられた「自分の目」は完全になくなるわけではなく
「他人の目」の後ろで、おろおろしながら見ています。

結局は「バランス」だ、と
まとめてしまうのは簡単なのですが
それができれば苦労しません。

「他人の目」を意識しながら「自分の目」も失わない。
「自分の目」を信じながら「他人の目」にも見てもらう。

今私はどっちの目で見てるんだろう。
どちらかの目をつぶってしまっていないかしら。
そんなことを考える努力からなら
始められるかもしれません。

最後にこちらをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中