なんとかなってしまう罠。

どうも私は何をやっても「そこそこ」で
でも「そこそこ」できるので何となく楽しく生きていて。

それはそれでいいのですが。

 

 
でも「そこそこ」から抜け出るのはなかなか難しいです。
「そこそこ」ではイヤだな、と思っていることも
何となく日々の忙しさに紛れて
生き抜けてしまうことがほとんどです。

また、人から見たら、一見「そこそこ」じゃない場合もあるようで
人から「なかなか」だねぇ、と言われて
ついその気になってしまいます。

「そこそこ」で何が悪いの?
何も悪くないです。
ただ、自分で「そこそこ」にいたくない、
そういうものがある、というだけです。

だから今日も私は
「ああ、私ってこれも『そこそこ』」と
ぐじぐじしながらもがいてます。
でも「なかなか」と思えるもの
思ってもいいかなぁ、と思っているものについては
かなり「なかなか」だと思っています(笑)。

それもまた、いいのではと思っています。
すべて「なかなか」と思ったら
怠惰な私にはそれが終わりになってしまうような
そんな気がするからです。
そしてすべて「そこそこ」と思ったら
苦しすぎると思うのです。

自分の「そこそこ」と「なかなか」。
時折見直してみたいものです。

最後にこちらをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中