悔しくて泣くのは、過信しすぎてるね、己のチカラを。

私は個人的には「明石家さんま」さんという方を存じ上げませんが(もちろん 笑)
少なくともブラウン管(とはもう言わないか・・・)を通じて感じるお人柄は
とても大好きです。

そんなさんまさんの言葉です。

 

 
彼の言い分としては
「悔しい」というのは、自分ができる、と思うとるからやろ?
それは過信しているやろ?自分ができるって。

なるほどなぁ、とやけに感心してしまいました。
それはあきらめでも開き直りでもなく

「自分はこれができなかった」

ということを真っ正面から受け取ることなんだなぁ。
だから自分はいつも「まだまだ」という謙虚な思いで
邁進していくだけ。

まっすぐに、一つ一つ意志を積み上げるように。
泣かないで。

悔しがるのは、いいと思うんです。
でも自分ができなかったことを悔しがるときには
少々「泣き言」や「恨めしさ」という文字がどこかに見え隠れするときもあり
確かに100%健康ではないのかもしれません。

「その悔しさを忘れずに頑張れ」という時の「悔しさ」は
きっと純粋な「反省」であり
その瞬間に感じる「後悔」であるのだろうと思います。

・・・バラエティー番組くらいそのまま観ればいいんですが
いちいち反応してしまう面倒な自分です。

最後にこちらをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中