ここはいい。また連れてきてくれ。

ご存知映画実写版「ピンポン」より
中村獅童さん演じるドラゴンのセリフです。

ペコとドラゴンの熱い試合の最中
なかなか決着が着かないラリーの応酬。
でもそのうちに
高まる歓声も自分たちの汗も遠のいて行き
気が付けば真白な宇宙の中
二人でただただ球を追っている。球を打っている。
そんな時、険しかったドラゴンが表情を柔らげ言う言葉です。

 

 
一度だけ
ただ一度だけその境地に到達したことがあります
・・・と自分では思っています。
残念ながらスポーツではありませんでしたが。

全米カウンセラー協会のテストを受けているときでした。
範囲があまりに広くて
あぁ、今回は無理だな、と思いながら
それでも一度受けると$400払わなくてはならないテストでしたので
あぁ、受かりたいなぁ。
それなのに隣に座った女性に軽く「私は6回目よ(!)」と言われ
重い気持ちのままテスト開始を迎えました。

とにかく長丁場(4時間半)なので、落ち着いて、ゆっくり。
言い聞かせてのテスト開始。

中盤にさしかかったころ
今テストをしていることもどこにいるかも
忘れていました。
ただ目の間の文字を見て、頭の中のページをめくって、考えて。
周りが本当に白く・・・というか無色になりました。

終了後友達に話したら「降りてきたんだね」と言われました。
そういうことかもしれません。

ただ、常に邪念にまみれた自分のマインドが
一瞬でもあんな風になったのは
ちょっとした経験でした。

自分の期待も欲望も何もLet go できたとき
ただその時を純粋に邁進するとき
そういう感覚を感じられるのかもしれません。

あそこはよかった。
また行ってみたいです。

最後にこちらをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中