「悪い天気」などというものはない。ただ「不適切な衣服」があるだけだ(There is no bad weather, just bad clothing)

ノルウェーの古い諺です。
この言葉をどう受け取るかは受け取る側によると思いますが
皆さんはどう思われますか?

 

自分が不快感を持つとき
また自分が不機嫌なとき
周りを責めるというのは
誰しも経験していることです。

だって、天気がわるいんだもの。
だって、あの人がわかってくれないんだもの。
だって。

周りに対して自分を合わせる人は
時に自分がない、と言われることがあります。

周りに対して自分を合わせる人
周りに流される人
周りを気にしない人

こういった方たちは
表面上、ふと同じに見える時があります。
でもその実
自分の周りの世界との関わり方
自分自身の根本のチカラ
これらは全く違います。

自分がしっかりしているから
我を通さなくていいときがあります。
自分がしっかりしているから
自分の氣を消せるときがあります。
自分がしっかりしているから
周りに対して余裕を持って対することができます。

何かに不満を持った時は
その不満をきちんと受け止めた上で
その不満を外側から見てみると
実は解決は簡単に見つかるかもしれません。

最後にこちらをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中