夢が大事なわけじゃなく、本気が大事。

糸井重里さんが”Switchインタビュー達人達”でおっしゃっていました。
だから糸井さんは大きな夢は語らないそうです。
小さい夢を語る。でも本気の夢。
本気だったら、できる夢。

「本気かどうかは、わかるよね」ともおっしゃっていました。
イタタタタ。

 
人が夢について話すのを聞いていると、
その夢の大小、実現可能性の如何に関わらず
こちらも元気になったり幸せになったり
そんなときがあります。
そして、それがたとえ荒唐無稽な夢であっても
本気なのかどうかは、何となく伝わります。

人を動かすのはお金でもモノでもなく
やっぱり最後は人の「心意気」なのだと
再確認するときです。

夢を語るために夢を作る必要はないのです。
そんな夢はすぐバレてしまう。
「心意気」は夢という形だけはなく
それは目標だったり決意だったり道標だったり
いろいろな形で訪れてくれるわけです。

秋にはまたDecision Makingのクラスも持ちます。
Decision というものは、もちろん人に与えられるものではなく
また自分でも、作ろうと思って作れるものではありません。
いろいろな要因が複雑に絡みあって
でも最後はあっけなく、背中を押してくれる。

そこに行き着くのは、簡単ではありません。
でもそこに心意気がかすかに息づく
それだけでも体験してもらえたらと
今年も15人の小さなクラスで
まずは私の「心意気」を見せます。

最後にこちらをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中