「二つ目」っていうのは、どっかでまだ甘えてる。

「二つ目だから」しかたない、とか
「二つ目なのに」すごい、とかなるわけです。
ぶら下がったり、助けてもらったりしている。
真打ちだと、ダメだと人はふっと横向きますから。

春風亭一之輔師匠の真打披露会見で、柳家小三治師匠の言葉です。

その「名」に相応しい責任とプレッシャー。
どこの世界も同じなんですね。

 
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

仕事柄いろいろな方の履歴書を拝見することが多く
興味深い経歴にもたくさん触れることができます。

履歴なんていうものはいい加減なもので
なければないで面倒ですし
あればあったで面倒なわけです。

決して「ちょうどいい履歴」などとは判断してもらえない。
だから自分で「ちょうどいい履歴」と訴えなければならないことが多々あります。
それには、自分が一番「ちょうどいい履歴」ということを理解していなくはならない。
それをおごりもなく衒いもなく、また卑下することもなく
自分の履歴をしっかり背負えなくてはならないわけです。履歴がないことも含めて。

それができていれば、「仕事」がみつかるばかりでなく
自分のこれからの方向性も見えてきます。

今までの自分がちゃんと自分の中に積もっているか。
これからまた何かを背負えるか。

新年を期に、少し気を引き締めて考えてみました。

最後にこちらをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中