「老婆の絶望」

Pow!!

ボードレール、「巴里の憂鬱」を読み返していましたら、
がーーん。そういえば、あった。でも昔は気にも留めなかった。
でも今は突き刺さった。
一番無垢であるはずの子供に泣かれたら
どうしよう。

運よく下の甥っ子も
私を見ても泣かず、すっかり仲間だと思ったらしくて
遊んでくれました(笑)。

女性でなくてもこういう「絶望」があるのでしょうが、
やはり女性の方がこのインパクトは強い気がします。
性差別者と言われようがなんだろうが
私がこれがコワい(笑)。

 
今回恒例の夏の一時帰国で
またたくさんの友人に会えました。
もうすぐ、江戸時代の平均寿命に近づきながら
それでも「今を盛り」とばかりに活躍する友人を見ながら
羨望のタメ息が出たものです。

否が応でも時間は巻き戻せず
ただ前進あるのみ。一貫して、前に突き進むものです。
外見は正直にその人の人生を物語り
物腰はその人の価値観を鮮明に映し出します。

とことん優しい友人。エネルギーの塊のような友人。
悠久な大地のような友人。世の中を所狭しと駆け回る友人。

いい「顔」になったなぁ。
こんな「顔」になりたいなぁ。

そんな友人たちを見ながら、毎年一度
フンドシ(つけておりませんが)を締めなおす
そんな清々しい儀式の帰国でもあります。

後半戦の始まりです。

最後にこちらをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中