心から笑うためには、痛みを受け止め、それをイジるのを楽しめなくちゃ(To truly laugh, you must be able to take your pain, and play with it!)

敬愛する喜劇王チャップリンの言葉です。
私は映画もお芝居も大好きですが、彼ほど残酷で鋭い語り部を他に知りません。

放置プレイにてもほどがある。はい。全く。

この3年ほど、とてつもない悪運の連続に悩まされています。

前世での行いが悪かったのか。いやいや、ただ単に懶惰に生きているだけなのです。ただそれだけ。ただ、全くパワーが出ませんでした。そんな時に書いたって、どうなるものでもなくて、よって、放置プレイでした。だから、さらに懶惰な生活を続けました。

でも最近苦しみに対するtolerance が非常に高い人に出会いました。そしてそれゆえの強さと危うさと、優しさを持っている。そんな人でした。恥ずかしい。toleranceのスイッチを持っていることが自分の強みだったのに、最近そのツマミが調整不可能になっていました。

また、起き上がってみようかな。毎日 liquid dogのようにベッドからずり落ちながら仕事に向かったり、食べられなかったり食べ過ぎたり、眠れなかったり起きられなかったり。そんなことでいいのかもしれません。

という、今日は再開宣言です。

 

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中