「それらしさ」の大切さ。

大学で新学期が始まりました。
その前にボスと今後の目標を語る面接がありました。

今年度の目標を聞かれて、私は「Dress like one, act like one」と答えました。
思えば三年前にインターンとして始めた大学のキャリアセンターの仕事。
その一年後に卒業し、二年後にライセンスをとっても、
インターン気質が抜けない、といいますか
何ともグレイなゾーンで仕事をしておりました。

何でもやればいいというわけでもなく
時には反対に新しいインターンやStudent Workerを混乱させてしまうこともあり
反省した次第です。


「それらしさ」はそうしようとしてできるものではなく
結果論として身に付いてくるものだと思うのですが、
時には形から入ることも必要な時もあるかもしれません。

私は何となく「それっぽく」するのは得意なのですが
「それらしい」というのはなかなか手に入れられないように思います。
それはちょっとしたコンプレックスです。
周りの友人を見ても、みんなきちんと「それらしく」なっています。
とても素敵なんですね、それが。

だからこれからは「それらしく」振る舞ってみる。
そのためにきちんとした服装から(笑)。
ちょっと頑張ってみようと思います。

最後にこちらをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中