We’re all stories, in the end… just make it a good one, eh?

Doctor Whoから、ドクターの言葉です。
「私たちは皆物語を紡いでいる。だから最後には・・・いい話にしようじゃないか」

Self-Authorshipという言葉があります。とっても大好きな言葉です。
この”author”は必ずしも物語を書くための”author”という意味だけではないのですが
深い可能性を持つ言葉として、よく考えます。

人の人生は物語。その物語を聴くのが
私が関わっている仕事の醍醐味の一つでもあります。

・・・そしてワタクシゴトながら、今日は誕生日。
新しい章を開くことができるでしょうか。

 
一年に一度行われる、州立大学全体のキャリアセンター会議に参加してまいりました。
NY州立大学は、コミュニティカレッジも入れると64キャンパスもあるんです。
それぞれの大学の土地柄やプログラムの特色によって
そこで紡がれる物語も少しずつ違います。

皆さんのプレゼンテーションを聞いていると
毎日いろいろな物語を
示唆に富むものにしようとしたり
ハッピーエンドにしようとしたり
シリーズものにしようとしたり
それぞれ学生さんと格闘しているんだなぁ、と胸を打たれました。

でも学生は「物語」を意識するのかなぁ、と
日々のカウンセリングをしながら考えます。
それが世代の問題なのか、私たちの問題なのか分かりませんが。
・・・こんなことは後からしみじみ思うものなのかもしれませんね。

でもいろいろな人の人生の脇役として登場する以上
私はいつかは味のある脇役になりたいと思います。

会議の後は毎年清清しく、そして身の引き締まる感じがします。

最後にこちらをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中