「オタク」でいると、たまにはとんでもなくいいこともあるものだ(Being a nerd really pays off sometimes. )

Ken Jenningsの言葉です。

一緒に勉強している大好きな生徒さんが、面白いことを言いました。
人が年をとっていくのは気にならないけど、
自分が年をとるのは、すごくイヤなんだ、と。
なぜかというと・・
その生徒さんはアクションスーツを身にまとったヒーローが大好きなのですが、
大人になったらそういうことをに夢中になれなくなるのではないか。
いや、夢中でいられるんだけど、夢中でいると変な人なんじゃないか。
・・・だから今のままいたいんだそうです。
かわいらしい心配ですね。
私も小さいころ両親からいつも「人と違え」と言われて育ってきたので、
周りからは「変わり者」と思われた時期もありました・・・
だからそんなことを小さなハートが悩んでいる、と聞くと、いつも胸がきゅん、となります。

続きを読む

逝った者たちは死んではいない。それは私たちが生きている限り、明白な事実である(The dead are not dead; that is clear enough since we are alive.)

Alain(アラン)の「幸福論」からです。

私事で恐縮なのですが、この週末で父が逝ってから6年、
つまり今年は七回忌です。
アメリカに住んでいるので、墓前には次回帰ったときに、
ということで許してもらっています。

昔祖母を亡くしたとき・・・
それが初めて親類を亡くすという経験だったのですが、
「世の中には取り返しのつかないことってあるんだな」と
漠然と考えたのを覚えています。

逝ってしまった人を想うとき、悲しい中にも少しだけ清々しい感じが残る・・・
そういう思い出し方をできるといいな、といつも思っています。
でも辛いお別れをすると、それもなかなか叶わぬこともありますよね。
人それぞれの想いがあるんですよね。

・・・私だって、そうはいっても
父に恨み言の一つくらい言いたいときもあるんです(笑)。

続きを読む

夢のコラージュはあなたのゴールそのもの。あなたの未来のアルバムなのだ。(A dream collage is pictures of your goals. It is like your future photo album. )

またまたBo Bennettの言葉です。

何回かにわたってモチベーションについて考えてみたんですが
考えれば考えるほど、難しい(笑)。
だって、ある意味ニワトリとタマゴですよね。
何かきっかけ(stimuli)がないと湧かない気もするし、
でも待っているだけでは何ともならない気もする。
結局どうしたら・・・なんなんだ、一体(笑)。

続きを読む

モチベーションが続かない、と人は言う。入浴効果だってそうだ。だからこそ毎日続けるのがオススメなわけで。(People often say that motivation doesn’t last. Well, neither does bathing – that’s why we recommend it daily.)

Zig Ziglarの言葉です。

入浴は確かに、身体にムリが無い限り、こまめにした方が良さそうです。
でもモチベーションも毎日、ってどういうことなんでしょうか。
毎日新しいいろいろなモチベーションが湧いてしまっては、
心が休まる時間がなさそうですし、
あれもこれも、と手を出してしまえば、どっちつかずになって
何もモノにならないのでは、と心配になってしまいます。
どうしたらモチベーションって持続するんでしょう?

続きを読む

熱意というものはインスピレーションとモチベーション、そしてひとつまみの創造性からなるワクワクのことを言う。(Enthusiasm is excitement with inspiration, motivation, and a pinch of creativity.)

Bo Bennettの言葉です。

熱意、インスピレーション、モチベーション、創造性というものは
お互い親密に絡み合っています。
でもそれぞれの役割は少しずつ違っているし、
どうやら熱意というのは順番でいうと最後に来そうです。
そして、「モチベーション」というのはその熱意をわかせるために
何やら大切な役割を負っていそうです。
モチベーションさえあれば熱意が生まれ、
火事場の馬鹿力も夢ではなさそうに思えます。

キャリア関連の仕事の中で「部下にモチベーションを持たせる話し方」
のようなものを扱うことがあります。
「部下にモチベーションを与えられない上司はなっとらん」とか
「部下にモチベーションを与えてこそなんぼだ」とか、よく人は言います。
たぶん本当にそうなんだろうと思います。

続きを読む