存在していることは素晴らしい。生きることは神聖なことだ。(Just to be is a blessing. Just to live is holy.)

Abraham Joshua Heschel の言葉です。

「生きる」というのは、どういうことなんでしょう。
働くこと。愛すること。生活していくこと。
人によっていろいろとあると思います。正しいとか、間違っているとか、そういうことはありません。

ただ一つ私が思っていることは、自分で決めなくちゃ、ということです。

自分の人生に何か意味を持たせる、ということは、
意味を持たせない、ということさえも含んで、自分で決めることだと思うのです。

人に決めてもらうと、もしそれがうまく行かなかった場合、その人を責めたくなります。
何か他に責めるものがあると、ちょっとラクになるので、人はどうしても他に責めるものを探してしまうからです。
そうすると一瞬ラクになりますが、でも結果は変わりません。

なぜなら、その人や状況を責めるということは、
あなたの人生のコントロールをその人や状況に委ねていることになるからです。

自分のせいにすると、辛いです。
でも少なくとも状況を変えるカギは、自分で握っていることになります。
時間がかかっても、辛くても、でも可能性は自分で握っているんです。
そうやって生きていきたいな、と思うわけです。

もちろん、すべての状況に一つの生き方があてはまる訳ではありません。
でも根本の「人生をどうとらえるか」というレベルでは、いつもそう考えています。

皆さんは、どうですか?

これを機会に、考えてみましょう。決める必要はありません。
ただ、考えてみましょう。

最後にここをぷちっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中